最新情報

ハワイ最新情報~新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) の影響アップデート

このページでは、新型コロナウイルス感染症および感染拡大防止施策の影響を、ハワイ旅行をお考えのお客様に役立つという視点で、まとめて行きたいと思います。皆さまが安心してハワイ旅行をお楽しみ頂けるようになるまで、何か変更があれば随時更新します。

HISハワイでは、日本帰国時に必須となっているPCR検査のサービスを開始致しました!予約から検査まで安心な日本語対応。お得な料金設定。日本政府指定フォーマットの陰性証明書発行。ぜひご活用くださいませ。詳しくはこちら→ ワイキキPCR検査センター

ハワイ州観光局日本支局(Hawaiʻi Tourism Japan)のCOVID-19情報サイトも是非ご参考ください:https://www.allhawaii.jp/covid19/

(新型コロナウイルス感染症におけるLeaLeaバケーションレンタルの対応に関しましてはこちらをご覧ください。)

ハワイへ来島するために必要な手順・書類

下記リンク先にて、ご旅行前からハワイ到着時、旅行中の流れを簡単なチャートでご覧ください:
【ハワイ旅行のプロセス】https://www.allhawaii.jp/covid19/process/

ご出発前72時間以内のハワイ州認定核酸増幅検査

アメリカ疾病予防管理センター(CDC)の発表により、2021年1月26日より米国に入国する全渡航者を対象に、新型コロナウイルス感染症陰性証明書の提示が義務となります。

ハワイへ出発するフライトの72時間以内に、ハワイ州保健局が指定する日本国内(又は米国・カナダ国内)の医療機関で、厚生労働省により承認されている核酸増幅検査(RT-PCR検査)を行い、ハワイ州が指定する陰性証明書(英語)をご準備ください。検査を受診される際は、パスポートを必ずご持参ください。陰性証明書(印刷またはデータ)を航空会社チェックインカウンターにて必要書類とともに提示が求められます。陰性証明書を提示できない(提示しない)場合、航空会社はご搭乗を拒否することが義務付けられておりますのでご注意ください。

ハワイ州保健局が指定する新型コロナウイルス陰性証明書イメージ(A4)
米国ハワイ州渡航用 新型コロナウイルスに関する検査証明書

ハワイ州Safe Travelsプログラムへのご登録

ハワイ州の空港に到着するすべての方は、ハワイ州セーフトラベルズ(Safe Travels)プログラム(https://travel.hawaii.gov/)へ登録する義務があります。ご出発前にセーフトラベルズのアカウント登録を行ってください。また、ご出発前の72時間以内に新型コロナウイルス感染症陰性証明書のデーターをアカウントにアップロードし、アカウント内のトラベル&ヘルスフォーム(Travel & Health Form)にご記入し、セーフトラベルズ登録完了のQRコードを取得してください。

ハワイ州へ到着後、パスポートとともにセーフトラベルズより取得したQRコード、および新型コロナウイルス感染症検査陰性証明書(英語)の原本を空港にて提示する必要がありますので、事前にご準備ください。

ハワイ州セーフトラベルズ システムの使い方等詳細はこちら:

(2021年06月15日更新)

日本ご帰国前72時間以内の陰性証明書の提出が必要

日本における緊急事態宣言発令に伴い、国籍を問わず海外から日本への入国に際し、帰国出発前72時間以内の陰性証明書の提出が義務付けられております。また、帰国後は14日間の公共交通機関の不使用、自宅等での待機などの誓約が求められます。

2021年3月19日以降、日本国籍の方を含め全ての日本入国者に対して帰国出発前72時間以内の陰性検査証明書の提出が義務付けられ、陰性証明書の提出ができない場合には、日本への上陸が認められません。これに伴い、日本時間3月19日日本ご到着便より、ハワイご出発の際に陰性証明書を所持していない場合には、原則「搭乗拒否」されることになります。ご注意ください。

HISハワイが運営する「ワイキキPCR検査センター」について:
https://www.lealeaweb.com/pcr

厚生労働省:新型コロナウイルス感染症>水際対策に係る新たな措置について:
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00209.html

有効な「出国前検査証明」フォーマットに関する詳細はこちらからご確認ください:
https://www.mofa.go.jp/mofaj/ca/fna/page25_001994.html

オアフ島で受診できるCOVID-19に関する検査証明については以下をご参照ください:
https://www.allhawaii.jp/covid19/news/210109/

(2021年04月23日更新)

オアフ島ホノルル市郡・ワイキキの現状について

マスク着用の義務付けについて

《公共屋内》

ハワイ州の緊急事態宣言追加措置により2020年4月17日から外出時のマスク着用が義務付けられています。レストラン、お店、バスやトロリー等の公共屋内では必ずマスクをご着用ください

ただし、① 銀行・金融機関・ATMを利用の場合(顔認証の必要やセキュリティー上のリスクがあるため)、② 顔を覆うことに対して健康上の理由で問題がある人(診断書必要)、③ 5歳未満のお子様は、例外となります。

違反された場合、最大5,000ドルの罰金、および/または1年程の禁固を命じられます。

《屋外》

ハワイ州の第19回目緊急宣言により、2021年5月25日より屋外の場合のマスク着用は不要となりました。ただし、屋外でも大人数での集会の場合はマスク着用を推奨します。ハワイ州全人口の50%以上が、すでにワクチン接種を完了しているという事実に基づいた判断です。

ホノルル市郡(オアフ島)の再開・回復計画について

2021年6月11日より、「ホノルル市郡再開・回復計画」("Honolulu Reopening Strategy") と呼ばれる、新型コロナウィルス予防対策プランが、オアフ島内の新型コロナウイルス感染者数に基づいたシステムから、ハワイ州民の新型コロナウイルスのワクチン接種率に基づいたシステムへと変更になりました。

これに伴い、ハワイ州民のワクチン接種率が州全人口の50%を超えておりますため、TIER 3より予防対策の【TIER 4】に緩和することになりました。

また、ワクチン接種率が60%に達した時点で【TIER 5】に緩和し、ワクチン接種率が70%に達するとホノルル市郡(オアフ島全地域)におけるコロナ禍による制限はすべて解除となる予定でございます。

 

ホノルル市郡より発信されている、各段階【TIER1~5】にて許可されるビジネス、アクティビティ、生活行動は下記表にてご覧ください。(《英語のみ》Reopening Strategy概要 / Reopening Strategy詳細

    • 【TIER 1】 7日間平均で1日100人以上の感染者 / 陽性率5%以上の検査結果(長期バケレンOK、短期バケレンNG
    • 【TIER 2】 7日間平均で1日50~100人の感染者 / 陽性率2.5~5%の検査結果(長期・短期バケレンOK)
    • 【TIER 3】 7日間平均で1日20~49人の感染者 / 陽性率1~2.4%の検査結果(長期・短期バケレンOK)
    • 【TIER 4】 ワクチン接種率50%以上:レストラン等を含めグループでの行動は、屋内では10人まで、屋外では25人まで認められます(長期・短期バケレンOK)
    • 【TIER 5】 ワクチン接種率60%以上:レストラン等を含めグループでの行動は、屋内では25人まで、屋外では75人まで認められます(長期・短期バケレンOK)
    • 【TIERシステム解除】 ワクチン接種率70%以上:制限なし

 

(2021年06月15日更新)

ハワイにおけるCOVID-19関連情報のお役立ちリンク

【日本語】

【英語のみ】

(2021年04月27日更新)